未分類

【筋トレ】反動をつけずに、ひとつの動作に5秒

更新日:

徐々に暖かくなり、肌の露出が多くなる季節が近づいてきました。多くの人が弛んだ体を引き締めるべき筋トレに励むことでしょう。

しかし、なかなか思い通りにいかない人がほとんどではないでしょうか。私自身、昔から細マッチョボディに憧れて、毎日のように自己流のトレーニングをしてきましたが、あまり効果は現れませんでした。

それはやはりトレーニングの方法に問題があり、少し工夫することで徐々に効果が現れるようになりました。そんな私の経験を踏まえ、効果のあるトレーニング方法をご紹介したいと思います。

私は昔からとにかく回数をやれば良いとか、負荷が重いウエイトを使った方が良いという心理のもとトレーニングに励んできました。

しかし、どうしても回数をこなすことが目標となってしまい、トレーニングのようでトレーニングになっていない状態でした。始めのうちは筋肉痛となりなんとなく効果が出ているように感じていましたが、徐々に慣れてしまい筋肉痛にもならなくなります。

もちろんそんなトレーニング方法を続けていてもあまり意味はなく、太りはしないものの筋肉もつかないというただの現状維持のままでした。

そこで、トレーニングのメニューを見直すことにしました。私のトレーニングは基本的には自宅でできる腕立て伏せや上体起こしなどの自分の体重を負荷として利用する、自重トレーニングがメインとなります。

色々な本やネットで自重トレーニングのトレーニング方法を調べとにかく気になる部位毎に効果がでるトレーニングの方法を調べました。

そして、負荷を感じながらゆっくり動くことを意識するようにしました。回数は10回を3セットずつで、1つの動作に5秒かけて行います。

常に鍛える筋肉を意識しながら決して反動をつけることなく筋肉の力だけでは動かすように心がけます。

そうすると、今まで1日300回やっていても筋肉痛にすらならなかった腕立て伏せが、たかが30回で腕がパンパンになりしばらく使い物にならない状態になります。

もちろんしっかり筋肉痛にもなりますし、見た目にも効果が出てきているように思えます。若干の違いかもしれませんが、体脂肪率も下がってきているので効果は出てきていると言っていいと思います。

人間の体には様々な筋肉がありその全ての筋肉を鍛えることはかなり難しいことです。

とりあえず、気になるところから少しずつ自重トレーニングの方法を探っていき、今年こそは昔から憧れてきた細マッチョボディになりたいと思います。

-未分類

Copyright© 500円!?メタルマッスルHMBの激安通販はココ! , 2017 AllRights Reserved.