未分類

【ランニング】夏場のランニングの注意点

投稿日:

汗を流して太陽の光を感じてランニングする事はとても気持ちの良いものです。

自分の時間を感じる事が出来て、健康にも良い事ですが、ランニングをする際には注意点がいくつかあります。

特に夏場などでは水分補給がとても大切なポイントとなります。高温の条件下でランニングを続けると、大量の汗をかいて脱水症状になりかねません。

よって15分から20分感覚で意識的に水分を摂る事が肝要です。発汗で失われる水分とミネラルを効率よく補給するためにも、スポーツドリンクなどを携帯すると良いです。

ドリンクホルダー付きのウエストポーチなどを活用すれば、走りながらでも便利に水分を補給できるので、一工夫を行うとランニングより楽しくなります。

安全にランニングを楽しむためにも、炎天下でのランニングはできるだけ避ける事をおすすめします。

熱中症なども考えながらランニングを行い、早朝や夕方など涼しい時間帯を選んでランニングをすれば、体力の消耗も少なくランニングが楽しむ事が出来ます。

熱中症を避けるためには、涼しい時間帯を選ぶのが一つですが、ウェアを工夫することである程度の体温調整が可能です。

通気性がよく、吸汗機能、速乾機能に優れたウェアを着用するのが真夏のランニングの絶対条件です。頭部や後頭部を直射日光から守るためにも、メッシュ素材などのキャップも必須と言えます。

最初にランニングを行う初心者の人はウェアなどを揃えてから行う事が良いです。暑いからノースリーブやショートパンツなど肌を露出する事は危険と言えます。

直射日光を浴びて体が疲れやすくなるだけでなく、強い紫外線の影響を身体が直接受けてしまいます。炎天下でランニングをする際は、長袖のシャツとロングパンツ、スポーツサングラスを着用するようにしてください。

ちなみに、体に水をかけることで体温を調整できるので、首や肩、腿などを中心に水を定期的にかける事も大事と言えます。

ランニングを行う際には、熱中対策を万全にする事が肝要ですが、対策をしても熱中症になる事もあります。

ランニング中にめまいや頭痛などをすこしでも感じた場合には走るのをやめて日陰に入り、横になります。足をすこし高くして、休息を取る事が肝要です。

水分を補給して、濡れたタオルや氷などで体の体温を下げると良いと言えます。

冬場は各地でマラソン大会が開かれるなどランニングに適した季節ですが、冬期のランニングでの注意点である防寒対策などを意識する事が大事です。

-未分類

Copyright© 500円!?メタルマッスルHMBの激安通販はココ! , 2017 AllRights Reserved.